2022年06月30日

二重葉脈

 本作品は、更生会社の第1回関係人集会から幕開けし、その集会で下請けの中小、零細企業の社長らが、会社は粉飾決算をしていた、同時に役員らは会社財産を着服横領していたと責任追及し、また、裁判所に対しては、倒産した大企業は法律により救済されるのに、零細企業は救われないと会社更生法は世にもまれな悪法だと訴えます。このことから、会社更生事件を題材とした経済ミステリーかと読み進めていくと、複数の殺人事件の謎解きという刑事ものミステリーでした。

 本作品は、昭和41年3月に連載が始まったのですが、その前年には大手鋼材メーカーが倒産した会社更生事件があって、その経営陣が大規模な粉飾決算とその他の違法、不正行為を行っていたことも発覚して、当時、相当な社会問題となったようです。
 現に、当時は、弱い立場にある取引先等の更生債権者の犠牲において更生会社を救済しているという会社更生法悪法論という批判があって、その事件が昭和42年に法律改正がなされる契機となったようです。

 清張さんは、その会社更生事件を見て本作品を手掛けたと思われますが、殺人事件よりも更生手続きの行方や役員の違法、不正行為の追及の方を読みたかったというのが1ファンの思いです。

 本作品には小林という更生会社の顧問弁護士が出てきます。
 社長に対し、「横領、背任といったあなたに対する警察の動きは、僕の手で押さえることができましたよ。」などという問題発言もありますが、小林弁護士が出てくるのは冒頭の関係人集会の日から1週間程度だけであり、その後はほとんど登場しない扱いとなっています。

 小林弁護士は、粉飾決算のことも役員の着服横領のことも知らなかったらしい設定ですが、もし、顧問会社の社長らが違法行為、不正行為をしていることを知った場合、弁護士はどうするべきかの問題があったなあと思い至ったことでした。











urushihara_law at 17:26|PermalinkComments(0)松本清張 

2022年04月28日

遺言

 日本公証人連合会が先月末に令和3年の遺言公正証書の作成件数を公表していて、10万6028件ということでした。この中にはごくわずかではありますが私が関与したものも含まれています。
 コロナ禍の影響は令和3年も継続したはずですが、前年より8000件余り増加して10万件台に回復したようです。ただ、最近10年くらいは毎年10万件から11万件の間で推移しており、そのあたりで一定しているのは不思議な気がします。

 なお、公証人との事前の案文や資料のやりとりは以前はファクシミリ送信で行っていたものですが、最近ではメールで行っています。
 また、遺言公正証書には証人2名の立会いが必要になるのですが、推定相続人等は証人になれないため準備するのは必ずしも容易ではありません。そのような場合、公証役場で紹介、手配してもらえるので、証人への謝礼を要しますが公証役場に依頼することになると思います。


 2020年7月にスタートした遺言書保管制度の利用状況について、こちらは法務省が月毎の件数を公表しているようですが、2021年(令和3年)1年間の保管件数は合算すると1万6954件でした。
 この数字については、多いとは言えないけれども、制度の認知度はまだ低いと思われることからすると少なくもないというところでしょうか
今後も、自筆証書遺言の検認の申立件数の推移とともに見ていきたいと思います。






urushihara_law at 16:08|PermalinkComments(0)弁護士業務 

2021年12月28日

濁った陽

 ××公団の汚職事件について、捜査対象の中心人物である課長補佐が死亡したことで捜査は中止、事件が崩壊して上層部は事なきを得るという前回の「中央流沙」と同じ構成の作品ですが、組織外部の劇作家とその女弟子が素人探偵として行動、推理するストーリーである点と第2の公団課長補佐が死亡する事件が発生する点で「中央流沙」との違いがあります。

 この作品にも、西原という弁護士が出てきますが、名前からして「中央流沙」の西弁護士に似ていますし、肩書は弁護士だが、弁護士の仕事はほとんどしておらず、官庁に顔が利いて業界との取引の仲介をしているいわゆる官庁ボスとされている点、西弁護士と同じ設定となっています。そして、劇作家によって、2人の課長補佐の自殺は、西原弁護士による殺人事件と推理されます。

 二つの作品は、実際にあった事件をモデルに書かれたということですが、こちらは昭和35年の作品ですから、こちらの方が「中央流沙」よりも先ということになります。そして、さらに「ある小官僚の抹殺」というやはり同じ事件をもとにした昭和33年の短編作品もあります。
 順序としては、短編「ある小官僚の抹殺」(昭和33年)、中編「濁った陽」(昭和35年)、長編「中央流沙」(昭和40年)ということになります。
 ここに清張さんのこの種事件に対するこだわりの強さがうかがわれます。
 また、肩書だけの弁護士が登場して暗躍させていることから、弁護士に対しては良いイメージを持っておられなかったのだろうと想像します。






urushihara_law at 11:46|PermalinkComments(0)松本清張