遺言

2022年06月30日

二重葉脈

 本作品は、更生会社の第1回関係人集会から幕開けし、その集会で下請けの中小、零細企業の社長らが、会社は粉飾決算をしていた、同時に役員らは会社財産を着服横領していたと責任追及し、また、裁判所に対しては、倒産した大企業は法律により救済されるのに、零細企業は救われないと会社更生法は世にもまれな悪法だと訴えます。このことから、会社更生事件を題材とした経済ミステリーかと読み進めていくと、複数の殺人事件の謎解きという刑事ものミステリーでした。

 本作品は、昭和41年3月に連載が始まったのですが、その前年には大手鋼材メーカーが倒産した会社更生事件があって、その経営陣が大規模な粉飾決算とその他の違法、不正行為を行っていたことも発覚して、当時、相当な社会問題となったようです。
 現に、当時は、弱い立場にある取引先等の更生債権者の犠牲において更生会社を救済しているという会社更生法悪法論という批判があって、その事件が昭和42年に法律改正がなされる契機となったようです。

 清張さんは、その会社更生事件を見て本作品を手掛けたと思われますが、殺人事件よりも更生手続きの行方や役員の違法、不正行為の追及の方を読みたかったというのが1ファンの思いです。

 本作品には小林という更生会社の顧問弁護士が出てきます。
 社長に対し、「横領、背任といったあなたに対する警察の動きは、僕の手で押さえることができましたよ。」などという問題発言もありますが、小林弁護士が出てくるのは冒頭の関係人集会の日から1週間程度だけであり、その後はほとんど登場しない扱いとなっています。

 小林弁護士は、粉飾決算のことも役員の着服横領のことも知らなかったらしい設定ですが、もし、顧問会社の社長らが違法行為、不正行為をしていることを知った場合、弁護士はどうするべきかの問題があったなあと思い至ったことでした。











urushihara_law at 17:26│Comments(0)松本清張 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
遺言