霧の旗奇妙な被告

2020年09月09日

種族同盟

 弁護士の私が、引き受けた強盗・強姦・殺人事件の国選弁護事件で被告人に無罪判決を得るのですが、後にその被告人から実は真犯人であったことを告げられ、脅かされるなどして破滅に追い込まれるという誠に気の毒な短編作品です(昭和42年)。
 
 しかしながら、被告人には無罪の推定原則があって、有罪の立証責任は検察官の側にある(刑事訴訟法336条)のですから、真犯人を有罪とできなかったのであれば、それは検察側の責任であり、弁護人の責任や問題ではないはずです。
 被告人が真実に反して事実を争っている場合、弁護人は真実を明らかにしてよいか、また、自白をすすめてよいかといったいわゆる弁護人の真実義務というデリケートな問題があるのですが、この被告人の場合は捜査段階から一貫して無罪を主張していて、私はその主張に不合理な点はないと認めて適正な弁護活動をしており、真実発見を妨害するような活動はしていないのですから何ら問題はなかったはずです。
 従って、私が被告人に対して殺意を生じているという結末部分は作品としては面白いかもしれませんが、弁護士としては短絡にすぎると思われ、大変な対応にはなるでしょうが他にやりようはあったと思います。

 この作品でも、国選弁護人について、「弁護の仕方が杜撰だとか粗いという非難がある。全部の人がそうではないにしても、たいていはおざなりの弁護でお茶をにごすものとされていた。」というのが出てきます。
 当時の国選弁護活動には実際問題あるケースが多かったのかもしれませんが、清張さんの国選弁護人やその弁護活動に対する見方、評価は厳しいもののようです。


urushihara_law at 15:15│Comments(0)松本清張 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
霧の旗奇妙な被告