家事調停手続き

2020年11月06日

わるいやつら

 タイトルのとおり悪いやつばかり登場する作品です(昭和36年)。
 まず、主人公の二世の病院長医師戸谷信一は色と欲のために殺人を重ねてしまう悪いやつですが、やがて法の裁きを受けます。

 次に、わき役ではありますが、弁護士下見沢が重要な役割を担います。
35歳、独身で、戸谷医師とは5年のつき合いですが、戸谷からは、弁護士の肩書はあるが弁護士の仕事をやっているのか何をやっているのか正体不明であり、見てくれは悪いし女に好かれようはずはないなどと軽蔑されています。なのに金持ちの女性を戸谷に紹介する才能があると描かれています。
戸谷の妻との離婚交渉をまとめるなど弁護士の仕事もしているのですが、後に戸谷を裏切って葬る操作をするとんでもない悪いやつです。
 主人公ではないこともあって、やったことがあいまいな部分はありますが、おそらく犯罪に当たると思いますし、そうでなくても少なくとも当時の弁護士倫理違反としても重い懲戒処分になると思われますが、結末には驚かされます。

 登場する女性陣も負けず劣らず悪いやつばかりです。看護婦長は悪い上に恐ろしいほどですし、戸谷医師が求婚し続ける女性は逆に戸谷を手玉に取って翻弄した悪いやつです。
 架空の小説とはいえ、ここまで悪いやつがそろうと痛快でさえあります。

 この作品は昭和35年1月から36年6月まで週刊誌に連載されたものですが、同時期には並行して「砂の器」や「日本の黒い霧」さらには「球形の荒野」なども連載して書かれています。いずれも傑作ですし、半藤一利さんの「清張さんと司馬さん」(文春文庫)によると、当時の「凄まじい執筆量、字義どおり超人的です。」とあります。









urushihara_law at 12:10│Comments(0)松本清張 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
家事調停手続き