自筆証書遺言(その1)公正証書遺言

2021年03月26日

自筆証書遺言(その2) 遺言書保管制度

 自筆証書遺言の利用を促進するために最近以下のような法改正等がなされました。
・相続財産の目録を添付する場合に、目録については自書でなくてもよいとされ、例えば、パソコンで作成したものでもよいことになりました(民法改正)。
・法務局で遺言書を保管する制度が創設されました(法務局における遺言書の保管等に関する法律)。
 自筆証書遺言は紛失や忘失のリスクがあり、さらには隠匿、改ざんのおそれがあるため、それらを防止し、遺言書の存在の把握を容易にするべく2020年(令和2年)7月に制度がスタートしました。
 そして、遺言者が亡くなった(相続開始)後に法務局から遺言書情報証明書が交付されると家庭裁判所での検認手続きは不要とされました。

 それらによって、自筆証書遺言の利用が増えることが期待されます。
しかしながら、遺言書保管制度は保管申請に際し、法務局で方式面はチェックしてくれますが、内容面までチェックしてくれるものではないため確実に遺言執行できることまでは保証されません。従って、利用は単純な内容のものに限定されるのではないかと思われます。
 
 弁護士が勧めるのはやはり作成手数料がかかっても内容面もチェックされる公正証書遺言ということになります。

urushihara_law at 15:25│Comments(1)弁護士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by 鈴木   2021年03月31日 11:40
5 勉強になりました。
ありがとうございました😊

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
自筆証書遺言(その1)公正証書遺言